NEW ERA STORE 営業状況について

ABOUT NEW ERA

1920年に創業したニューエラは、MLB(メジャーリーグ・ベースボール)
唯一の公式選手用キャップオフィシャルサプライヤーとして、59FIFTYを筆頭にあらゆるプロダクトを世へ送り続けています。

ヘッドウェアの定番モデル

59Fifty

1954年に誕生したベースボールキャップのスタンダードです。MLBの公式オンフィールドキャップにも採用されています。

9Fifty

[59FIFTY]と同様のフォルムながら、アジャスタブル使用となっており、サイズ調整が可能なモデルです。

9Forty

フロント部を1枚パネルにして上部でつまんだ独特のシルエットが特徴です。
メッシュタイプのTruckerキャップもラインナップしています。

9Twenty

柔らかな被り心地が特徴のカジュアルタイプのベーシックなベースボールキャップです。

ハット

アウトドアスタイルに適した[アドベンチャー]や[59FIFTY]同様6枚パネルで構成された[エクスプローラー]など、様々なモデルをラインナップしています。

ニット

カラーバリエーションや使用素材も豊富に、定番からミリタリースタイル、ローゲージタイプなど様々なスタイルをラインナップしています。

ウェアやバッグ、ゴルフ用、キッズ用もラインナップ

ウェア

Tシャツ、フーディー、ジャケットなど、ロゴをフィーチャーしたシンプルなアイテムを中心に幅広く展開しています。

バックパック

機能性とデザイン性を両立させたバックパック。目的に合わせてセレクトできるようバリエーション豊富にラインナップ。

バッグ

トートバッグやウエストバッグなど様々なライフスタイル、シーンに合わせられるラインナップを揃えました。

アクセサリー

ヘッドウェアのケアグッズや収納グッズ、ブランドロゴをフィーチャーした小物など幅広く展開しています。

ゴルフ

ニューエラの定番ヘッドウェアをベースにゴルフにフィットするデザイン、機能をアレンジしました。キャディバッグなどゴルフならではの小物もラインナップ。

キッズ

子供向けに、頭周りやロゴ、バイザーの大きさ、仕様を調整したキッズライン。最小サイズのMy 1stからChild, Youthまで幅広いサイズ展開です。

Sports

MLBの公式選手用キャップを始め、NFL、NBAまた日本プロ野球など様々なカテゴリーのスポーツリーグ、チームとのコラボレーションアイテムをラインナップしています。

The 22 steps

Manufacturing process of 59FIFTY

See more

History

1920s

1920年、エルハルド・クックは、Eクック・キャップ会社という名の帽子会社を立ち上げ、1922年、正式社名がニューエラ・キャップになりました。

1940s

1940年代初頭、「ニューエラ」の顧客には様々なスポーツ地方リーグ、マイナーリーグ、大学チーム、カナダのチームなどが名を連ねていました。

1960s

1969年、アポロ11号プロジェクトの際の帰還クルーの回収チームだったUSSホーネットの乗組員用キャップを提供しました。

1980s

1980年代後半、プロ選手と同じキャップを被ることが野球ファンの間で大きく広がりました。

2000s

2005年、ブルーボックス・ロゴの登場。ブランドスローガン、The originators of the true fittedも登場しました。

1930s

1932年、野球が大きな人気を集めていた。ハロルドはスポーツ用キャップのビジネスに参入すべき時がきたと確信した。そしてエルハルドにニューエラによる野球キャップを企画すべきであることを納得させた。

1950s

1954年、ニューエラのフィッテド・キャップがハロルドによって、改良、変更を加えられ、59FIFTYと名付けられました。

1970s

1974年、この時点でメジャーリーグ・ベースボール24チーム中の20チームがニューエラと契約しました。

1990s

1991年、ニューエラはメジャーリーグ・ベースボールのオンフィールドキャップについて数社限定の独占的供給者に選ばれました。

2010s

2012年よりNFLの、2017年よりNBAのオフィシャルキャップサプライヤーとなりました。また2017年よりMLBの公式選手用キャップにもフラッグロゴが刺繍されることになりました。

History

1920s

1920年、エルハルド・クックは、Eクック・キャップ会社という名の帽子会社を立ち上げ、1922年、正式社名がニューエラ・キャップになりました。

1930s

1932年、野球が大きな人気を集めていた。ハロルドはスポーツ用キャップのビジネスに参入すべき時がきたと確信した。そしてエルハルドにニューエラによる野球キャップを企画すべきであることを納得させた。

1940s

1940年代初頭、「ニューエラ」の顧客には様々なスポーツ地方リーグ、マイナーリーグ、大学チーム、カナダのチームなどが名を連ねていました。

1950s

1954年、ニューエラのフィッテド・キャップがハロルドによって、改良、変更を加えられ、59FIFTYと名付けられました。

1960s

1969年、アポロ11号プロジェクトの際の帰還クルーの回収チームだったUSSホーネットの乗組員用キャップを提供しました。

1970s

1974年、この時点でメジャーリーグ・ベースボール24チーム中の20チームがニューエラと契約しました。

1980s

1980年代後半、プロ選手と同じキャップを被ることが野球ファンの間で大きく広がりました。

1990s

1991年、ニューエラはメジャーリーグ・ベースボールのオンフィールドキャップについて数社限定の独占的供給者に選ばれました。

2000s

2005年、ブルーボックス・ロゴの登場。ブランドスローガン、The originators of the true fittedも登場しました。

2010s

2012年よりNFLの、2017年よりNBAのオフィシャルキャップサプライヤーとなりました。また2017年よりMLBの公式選手用キャップにもフラッグロゴが刺繍されることになりました。

Back to top