Waka Nozawa × NEW ERA | ニューエラオンラインストア

Waka Nozawa × NEW ERA

2020.06.08

この夏、サングラスのように毎日使いたいキャップ
大人の女性の新スタンダードが誕生!



モデルとしてはもとより、センスを生かしたコラボアイテムやナチュラルなのに上品で女らしい私服など、ファッション感度の高さにも注目されている野沢和香。
前回のBAYFLOWとのトリプルコラボキャップは大きな話題に。
次作を待ち望む声が高まるなか、さらに使いやすくかぶりやすい仕様になって、新しく4タイプが登場しました。


—バリエーション豊かに登場した今季の4タイプ。まずは、前回のコラボで大人気だったモデルの新バージョン「MINDFUL」キャップについて聞かせてください。

 

野沢和香(以下W):これは、前回のBAYFLOWさんとのトリプルコラボの時に「MEDITATION」というロゴで出したキャップを色々とパワーアップさせたものです。ありがたいことに前のものがすごく好評で、再販の声を多くいただいていたんです。今回のコラボが決まった時に、せっかくならより使い道が広いものにしたいなと思い、スポーツを意識した仕様にしました。
前回から変わったのは大きく2つ。まずは、プールや海で濡れても大丈夫なように“防水素材”にしました。そして、折りたたんでコンパクトにしまえる“パッカブル仕様”に。バッグやポケットにクシャッと入れられるので、スポーツの時はもちろん、日差しが眩しいときにサッとかぶって、毎日のように使っていただけると思います。


—2つの変更、和香さんの熱意で実現できたと聞きました。

W:絶対に譲れないところだったので、もう必死に説得して(笑)。だけど、出来上がったらみんなが喜んでくれたので、こだわって本当に良かったなと思っています。

—日常に、スポーツに、様々なシーンで使える万能キャップ。まさにそういうのを求めていた女性は多いと思います。和香さんも、周りのお友達の声を参考にしたとか。

W:私自身もともとキャップは大好きでよくかぶっていたのですが、コンサバのキレイめな格好をするお友達に「キャップって、どこで買えばいいの?どうやってかぶればいいの?」と聞かれることが多々あったんです。そんなキャップに馴染みのない人でも気軽にかぶれるものを作りたいと思ったのがきっかけでした。彼女たちは、子供とプールへ行く時にもかぶれるキャップが欲しいと言っていたので、スポーツ仕様がいいなと。

—ロゴの「MINDFUL」にはどんな意味が?

W:ロゴは、迷いに迷って決めました。ちょうど作っていたのがラグビーにはまっていた時期だったので、最初は「ONETEAM」にしようとしていたのですが、出来上がってきたら「あれ……?」となりまして(笑)。私が瞑想にはまっていることもあり「MINDFUL」に。前作の「MEDITATION」より、もっと広い意味かな。何をしていてもマインドフルに楽しみたいと思っているので、その想いを込めました。

 



—次は、淡いブルーの色味が絶妙で可愛い「PEACE HEADS」キャップについて聞かせてください。

W:この色のキャップが作りたかったんです。夏に合うブルーのハッピーな感じがいいなと思っていて。そして白い刺繍でPEACE HEADS、平和なことばかり考えている人という意味合いの、これまたハッピーなメッセージをのせました。さらに後ろにはピースマークが刺繍されているので、逆さかぶりしても可愛いんですよ。ブルーデニムにも合うから、コーディネートもしやすいと思います。色違いのベージュは、撮影で着たような黒のドレスに合わせても素敵ですよね。キレイめなビジュアルなので、キャップ初心者の方にもおすすめです。また、レギュラーとスモールの2サイズあるので、よりフィットしてかぶりやすいと思います。



—和香さんの遊び心が一番出ているなと思うのが、「COUCH POTATO CLUB」と「OUT SIDE ADDICT」キャップ。誰もが似合うスタンダードな形と色に、ユーモラスな言葉がのっているのがまた良いですね。

W:「COUCH POTATO CLUB」は、自宅のカウチ(寝椅子)でポテトチップを食べながらゴロゴロ過ごす人のことを指す言葉。「OUT SIDE ADDICT」はその逆で、外が大好きな行動的な人を指す言葉。実はこれを提案してくれたのは、NEW ERA®の社長なんです。思わずクスッと笑っちゃう、可愛い言葉ですよね。

—ちなみに、和香さんはどっち派ですか?

 


W:私は断然「OUT SIDE ADDICT」ですね。よく一緒に旅をするバディのスタイリスト、新井由梨ちゃんは「COUCH POTATO CLUB」な人だから、旅行先で一緒にかぶったら面白いねって話していたんです。旅先でも私は午前中からヨガに行ったりお散歩したり活動的で、由梨はコアラのようにお部屋でのんびり過ごしているので。そして午後からは二人して「OUT SIDE ADDICT」に。皆さんもお友達とメッセージ違いでお揃いなんてどうですか?

—二人の楽しそうな様子、目に浮かびます。また、このキャップはイージースナップ仕様でもあるんですよね。

W:はい、念願叶ってイージースナップに。後ろのリアストラップにスナップボタンが付いているので、簡単にバッグやボトムのベルトループに取り付けできます。これもヨガやランの時にすごく便利なんですよ。

使いやすさにこだわった様々な仕様は、私たちにとって嬉しいことばかり。最後に、男女・年齢問わず使えそうな「TOKYO」と「LAX」キャップについて聞かせてください。

W:これは、私が住んでいる「TOKYO」と、私の大好きなL.Aを象徴する「LAX」のロゴで作りました。デザイン案を出した時、なぜかさりげなくスルーされて……「あのデザインどうなったの?」としつこく聞いて、やっと上がってきました(笑)。そして出来上がったものを見たら、みんなが「すごくいいじゃん!」となりまして。深めで男の子っぽい見た目なので、女性も男性も、年齢も問わずにかぶれると思うんです。家族で共有してもいいですよね。
また、男性もかぶれるサイズ感も良くて。多毛な私は浅いキャップだと、かぶっているうちに上がってくることもしばしば。ちょっと風が強い日なんかは、「あれ?ない!」ということもあるんです。本当に、冗談じゃなくて(笑)。
今回の4タイプはそれぞれ形や素材が違うのですが、どれもかぶりやすさや脱げにくい深さ、デザイン、色味にこだわって作りました。カジュアルが得意な人はもちろん、今までキャップをかぶったことがないコンサバティブなキレイめファッションの人にも、是非かぶってみて欲しいなと思っています。

 



夏の日にサングラスをかけるように颯爽とキャップをかぶる女性。
そんなアクティブでクールな人って、素敵ですよね。
NEW ERA®のスポーツ&ストリートカルチャーに、和香さんのセンスとハッピー感をプラスしたコラボキャップは、いつものデニムにも、女らしいドレスにも合う、夏の最強アクセサリー。
キャップで広がるスタイリングに、ファッションの楽しさを感じて。

 

ストラップのスナップボタンで容易に着脱可能です。

 


Model_Waka Nozawa
Photo_Masaki Sone(PEACE MONKEY)
Stylist_Yuri Arai
Hair&Make-up_Harumi Kambe
Interview&Text _Mina Yoshioka

 

PROFILE
野沢和香 NOZAWA WAKA
モデルとして数々の雑誌や広告で活躍。抜群のセンスからファッションの仕事も多く、手がけるコラボアイテムも多数。なによりチャームな明るさは、ヨガで培ったしなやかさとマインドフルネスから。2007年に全米ヨガアライアンスを取得し、インストラクターとしても活動。INSTA:@wakanozawa

 

 

 

 

New Era Style リストに戻る
Back to top