New Era meets | ニューエラオンラインストア
会員プログラム[NEW ERA REWARDS]
 
 

 

鈴木昂秀(THE RAMPAGE)

THE RAMPAGEのステージで弾けるパフォーマンスとMA55IVE THE RAMPAGEで見せるマイク捌き。そしてステージを降りれば、ゲームやアニメ通の表情を覗かせる鈴木昂秀。今年は映画初主演を果たすなどマルチに活躍中の彼が
[59FIFTY®]の魅力を語る!

 

■普段からNew Era®を愛用されているとのことですが、特に好きなアイテムはありますか?
「ほぼ毎日何かしら被っていますが、やはり[59FIFTY®]が一番多いです。スナップバックに凝った時期もありましたが、最近は原点に戻ってフィッテドサイズばかりです。[59FIFTY®]を被っていたらダンスが上手く見える、みたいな潜在意識もあってなのか、この形はずっと被り続けていますね。それにプラスして、ニット帽やバケットハットを被ったりしますし、場面によって使い分けています」


■今日のようにバイザーを曲げるスタイルが鈴木さん流の被り方ですか?
「そうですね、前で被る時は大体曲げて被ります。髪を編み込みしていた頃は、よく後ろ被りもしていたのですが、その時はツバをフラットに戻して。なので、お気に入りのキャップは曲げたり真っ直ぐにしたりを繰り返して、かなり年季が入るまで使い込んでいました(笑)」


■使い込まれた味わいも良いですよね! 思い出のキャップを挙げるとしたら?
「まだ実家にあると思うのですが、ダンスを始めた頃に初めて買ってもらったキャップがニューヨーク・ヤンキースの[59FIFTY®]でした。それを中学生までずっと被っていたので、よく覚えています。その後環境が変わるとともに、他にもたくさんカッコ良い帽子を知って、いろいろなキャップを被るようになりました。一時期はシカゴ・ホワイトソックスのロゴにハマってずっと被っていましたし、編み込んだ髪が入らなくて、サイズ違いを買ったりしていたので、それもよく覚えています」


■今日被っていただいたのはクラシカルなフォントを採用した人気モデルになります。
「めちゃくちゃシンプルで良いですね。衣装では派手なものが多いので、派手なデザインも好きなのですが、普段使いするにはこういうシンプルなデザインが良いなと思いました。今日のスタイリングにもフィットしていて、このまま帰りたいくらいです(笑)。最近は、ストリートだけでなくモードなファッションも好きなので、そういうスタイルにも合いそうですね」


■改めて伺いますが、鈴木さんにとってNew Era®の魅力とは何でしょうか?
「僕はコーディネートの最後に帽子を選びますが、ニューエラさえ被っておけば何とかなる、という確信があって、いつも着こなしのまとめ役として助けてもらっています。もちろん、ダンスに欠かせないアイテムとしても重要で、僕がやっていたハーレムシェイクというジャンルでは、ツバを噛んで被ったり、くるっと回してキャッチしたりと、帽子を使ったトリックを頻繁に取り入れます。つまりダンサーとしては、公私ともにお世話になる必須な存在、それがニューエラの魅力だと思っています」

 

 

New Era®のキャップ[59FIFTY®] ¥6,380(ニューエラ neweracap.jp)、SOPHNET.のシャツ ¥30,800、uniform experimentのカットソー ¥20,900(ともにSOPH. soph.net )、WILLYCHAVARRIAのパンツ ¥45,100(ジェットン ショールーム tel.03-6804-1970)、その他・スタイリスト私物

 

 




鈴木昂秀 ⇒ 

すずきたかひで●THE RAMPAGEのパフォーマーであり、MA55IVE THE RAMPAGEとしても活動。最近では、映画『ただ、あなたを理解したい』で初主演を務めるほか、ライブ配信プラットフォーム『OPENREC.tv』にてゲーム配信も開始。現在、『THE RAMPAGE LIVE TOUR 2024 "CyberHelix" RX-16』が絶賛開催中。
Instagram:@rmpg_takahide_suzuki_official

 




Text 鈴木まゆ
Photo 谷脇貢史(White bear)
Styling 秋山貴紀(A Inc.)
Hair&Make-up 上野綾子(KIND)

 

Back to top