New Era®のキャップをクールに被りこなし、国内外のビッグフェスを沸かし続けているYamato。
世界中を飛び回る、気鋭のDJ/プロデューサーがマストだと語るNew Era®の魅力とは?




■YamatoさんがNew Era®のキャップを被り始めたのはいつ頃ですか?
「大学の頃だと思います。ストリートダンスをしていたんですが、そこでは仲間も含めて、みんなかなりの着用率でニューエラを被っていました」

■ステージ上でもNew Era®を被るようになったのは?
「Avicii(世界的なトップDJ/プロデューサー)との出会いがきっかけですね。スペインで行われた『burn WORLD DJ CONTEST』の世界大会で初めて会って、それから彼を意識するようになったんですが、彼がいつも被っていたので、自分もステージ上で被るようになったという感じですね」

■今回はニューヨーク・ヤンキースの[59FIFTY®]でご登場いただきました。
「キャップのシルエットって、人によって似合う、似合わないがあると思うんですけど、今は[59FIFTY®]が自分に一番合ってると思います。洋服とも合わせやすいので、黒を選ぶことが多いですね。被り心地もクラウンが深い感じが凄く気に入っています」

■被り方にこだわりはありますか?
「バイザーはフラットで、ステッカーも貼りっぱなしです。あと、サイズにもこだわりがあって。プライベートでは7 1/2なんですけど、DJの最中は激しく動くので、フィットさせるためにワンサイズ小さい7 3/8を選んでいます」

■最後にYamatoさんにとって、New Era®はどういう存在でしょうか?
「自分の体の一部だと思ってます。ないと落ち着かないくらいにマストなもの。いつか、ニューエラのキャップがトレードマークだと言われるようになりたいですね」



New Era®のキャップ[59FIFTY®]¥5,500(税別/ニューエラ tel:03-5773-6733)、LANDLORD×ALPHA Internationalのジャケット¥78,000(税別/MATT. info@the-matt.com)、その他すべて・本人私物



Yamato ⇒
やまと。『burn WORLD DJ CONTEST 2013 JAPAN』で優勝し、スペインで行われた世界大会ではAviciiからフェスの共演者に指名され、日本人初共演を果たす。その後、ZeddやOne Directionとの共演に抜擢される一方、大型フェスにも多数出演する注目のDJ/プロデューサー。




Text ⇒ 大前至
Photo ⇒ 木村心保