映画の主題歌としても話題の5thシングル『Puzzle』を
2月7日にリリースするLeolaが今回のゲスト。
“太陽の歌声”と称される歌姫が語る、New Era®の魅力とは?




Leola talk about New Era®


■Leolaさんは、普段からNew Era®のキャップを愛用されているそうですね。
「はい。キャップって、少年っぽくなっちゃうイメージがあって、前はあんまり被らなかったんですよ。でも、最近は女の子でも気軽に被れるデザインが増えているなって印象があって。なので、ここ2~3年はよく被っていますし、色違いで同じモデルをいくつか持っています」

■最初に手に入れたNew Era®の帽子は、どういうデザインのものでした?
「[9TWENTY™]のニューヨーク・ヤンキースで、色はネイビーでした。ツバがカーブしていて、今日被っている[9THIRTY™]よりも少しだけ浅い被り心地です。私、おでこが広いので、ツバが真っすぐなキャップってしっくりこないんです(笑)。でも、こういうクラシカルなベースボールキャップは私の顔立ちにもすんなりハマってくれるし、ネイビーという色もシンプルで使いやすそうだなと思って手に取りました」

■普段はどんなコーデに合わせます?
「たとえば、ニットのロングワンピースとかにキャップを合わせてカジュアルな雰囲気にするとか。可愛くなり過ぎないようにしたいなって思った時に、ニューエラを被ることが多いですね」

■今回のボーイッシュな着こなしもお似合いです。Y'sとコラボレイトした[9THIRTY™]も引き立っていますね。
「ありがとうございます(笑)。パーカにデニムみたいなコーデはプライベートでもよくするので、スムーズに合わせられました。このキャップ、小さめのロゴがすごく良い感じですね」

■このコラボキャップは、特に女性からの人気がすごく高いものなんです。
「へ~! 私も、ロゴが小さいデザインのほうが好きですね。通常サイズのロゴだとスポーティーで格好良いイメージが強いけど、ミニロゴだと柔らかい印象になるし、女の子も使いやすいんじゃないかなって思います」

■ちなみに、キャップの被り方にこだわりはありますか?
「レコーディング中もニューエラを被って現場に行くことがあるんですけど、歌に集中したい時はまっすぐ被ってギターを弾いたり、視界を開きたい時はツバを後ろに回して被ってますね。あんまりその被り方では外に出ないですけど(笑)。被り方ひとつで気持ちが切り替わるので、それはこだわりかもしれません」





キャップ[9THIRTY™]¥8,500 (Y's×New Era®/ニューエラ tel:03-5773-6733) パーカ¥5,900(FLOVE/フローヴ tel:03・6859・0007)、デニム¥15,000(TODAYFUL/LIFE's 代官山店 tel:03・6303・267 9)、アクセサリー/スタイリスト私物


Text ⇒ 斉藤碧
Photo ⇒ 早坂直人(Y's C)
Styling, Hair&Make-Up ⇒ KOBA(PUNCH)





Leola ⇒
レオラ。3月14日生まれ。ハワイ語で“太陽の歌声”という意味を持つLeolaという名で、2016年4月27日にシングル『Rainbow』でデビュー。数々のドラマや映画の主題歌を担当している。


INFORMATION ⇒
5thシングル『Puzzle』を2月7日(水)にリリース。 『Leola 1st Oneman Live“Hello! My name is Leola.”』の追加公演が決定! 
leolalala.com