MLBのオンフィールドキャップにフラッグロゴがお目見え

1920年に創業したNew Era®は、1934年にMLBの公式選手用キャップの製造供給を開始。そして1954年、後にベースボールキャップのスタンダードとなる[59FIFTY®]を完成させた。1993年からはMLB全球団のオンフィールドキャップを独占的に製造するが、そのキャップにはNew Era®の象徴であるフラッグロゴが入っていなかった。しかし、2016年のポストシーズン以降、永年のパートナーシップを経て、オンフィールドキャップの左サイドにフラッグロゴが配されることに。さる4月3日に開幕したばかりの2017年シーズンからは、MLB全球団のプレイヤーがフラッグロゴの入ったオンフィールドキャップを着用して試合に臨んでいるのだ。





Miami Marlins

〈世界のイチロー〉が在籍し日本での人気も年々上昇


フロリダ州マイアミにあるマーリンズ・パークを本拠地とするナショナル・リーグ東地区所属のチーム。New Era®がMLB全球団に公式選手用オンフィールドキャップを供給するようになった1993年に誕生し、歴史は浅いながらこれまでに2度ワールド・シリーズに進出、いずれも世界一になっている。現在はイチロー選手が所属。2016年、同チームにて通算安打記録(日米通算)を更新したことも記憶に新しい。
New Era®のキャップ[59FIFTY®]¥5,500、同シャツ[S/S Button Down Shirts]¥12,000(税別/ともにニューエラ)








New York Yankees

最古のメジャー球団にして 人気も実力もメジャー随一


ニューヨーク州ブロンクスにあるヤンキー・スタジアムを本拠地とするアメリカン・リーグ東地区所属のチーム。1901年に創設された歴史ある球団で、27回のワールド・シリーズ制覇を誇る。今年も開幕投手を務めた田中将大選手他、これまで日本人選手も多く在籍。多くのアーティストたちが好んで着用していることもあり、ストリートファッションの世界では、このチームの[59FIFTY®]がアイコンになることが多い。
New Era®のキャップ[59FIFTY®]¥5,500、同Tシャツ[Cotton Tee]¥4,500(税別/ともにニューエラ)、その他・スタッフ私物







Los Angeles Dodgers

チームカラーもロゴも西海岸スタイルに必要不可欠


カリフォルニア州ロサンゼルスにあるドジャー・スタジアムを本拠地とするナショナル・リーグ西地区所属のチーム。日本人メジャー・リーガーのパイオニアとも言える野茂英雄氏にはじまり、黒田博樹氏や現在活躍する前田健太選手など、日本人の有力投手をいち早く獲得することでも知られ、日本での人気は随一。チームカラーである〈ドジャー・ブルー〉と呼ばれる青色は、ロサンゼルスの象徴だ。
New Era®のキャップ[59FIFTY®]¥5,500、同Tシャツ[Cotton Tee]¥4,800(税別/ともにニューエラ)、その他・スタッフ私物







Texas Rangers

ノーラン・ライアンのもとでメジャー屈指の強豪に


テキサス州アーリントンにあるグローブライフ・パーク・イン・アーリントンを本拠地とするアメリカン・リーグ西地区所属のチーム。本拠地球場で本塁打が出やすいこともあるため、かつては長打力を前面に押し出した野球を志向する打高投低の球団だった。近年は投手再建に力を入れ強豪とされるも、意外にもワールド・シリーズ制覇は一度もない。今年の開幕投手はダルビッシュ有選手が務めた。
New Era®のキャップ[59FIFTY®]¥5,500、同トートバッグ[Tote Bag]¥10,000(税別/ともにニューエラ)、その他・スタッフ私物





Direction & Text ⇒ 曽根原興史 (KONA) 
Photo ⇒ 藪内努 (TAKIBI)
Styling ⇒ 黒川慎太郎
Design ⇒ FLAG GRAPHIC DESIGN Inc.
Special Thanks ⇒ SELECTION